滞納時のリスクを下げる|専門的な知識がなくても賃貸管理会社にお願いしよう
婦人

専門的な知識がなくても賃貸管理会社にお願いしよう

滞納時のリスクを下げる

つみき

滞納家賃を回収する

アパートやマンションなどの不動産経営を安定的に行うためには、家賃収入を定期的に得ることが重要になります。そのためには、家賃の滞納は絶対に許してはいけません。一度滞納が始まると、家賃の回収は簡単ではありません。もちろん、そのような場合に備えて、契約締結の際には連帯保証人をたててもらっています。連帯保証人には、契約当事者と同様に家賃債務の請求を行うことができますので、その点では家賃回収のために非常に有効な手段です。しかし、特に素人の経営者にとっては滞納家賃の督促は非常に手間がかかるものですし、法律的な知識も必要になるため簡単に回収することはできません。素人経営者にとっては家賃回収の強い味方が家賃債務保証です。

家賃債務を保証する会社

家賃債務保証とは、その名の通り家賃債務を保証してもらうことです。通常であれば連帯保証人が債務を保証するのですが、保証会社などの第3者が家賃債務を保証する方法もあります。この方法であれば、滞納者に直接家賃を請求したり、その連帯保証人に家賃を請求する必要がありません。不動産経営者はあくまで家賃債務保証会社に対して滞納家賃の支払いを請求することができます。保証会社は業務として保証を行っていますので、契約違反をして支払わないという可能性はありません。入居者に請求するよりも格段に容易に家賃を請求することができるのです。不動産経営を行う場合には、家賃債務保証の締結を義務付けることで、滞納リスクを引き下げる方法が有効です。