家賃回収を万全に|専門的な知識がなくても賃貸管理会社にお願いしよう
婦人

専門的な知識がなくても賃貸管理会社にお願いしよう

家賃回収を万全に

男性

しっかり比較しましょう

近年では、不動産の賃貸借契約を結ぶ際に連帯保証人を立てるのが困難な方も多く、家賃保証制度には借り手側からの一定のニーズがあります。また、近年、都市部では外国人居住者も増えており、連帯保証人を立てることは物理的に不可能ということもあり、ニーズは多様化しています。一方、家賃保証を活用するメリットは貸し手側にももちろんあり、家賃回収がより確実に行われるようになることが1つ挙げられます。また、保証の範囲は家賃保証会社によって異なりますが、退去時の損害金や原状回復費用、訴訟費用までを内容とする保証会社も見られます。したがって、貸し手が保証会社について調査するときは、保証料だけでなく、内容についてまで比較しましょう。これによって、ご自身に有利な保証会社をしっかり選択することができます。

万全の備えになる

最近では、借り手に連帯保証人がいるにも関わらず、家賃保証の利用を義務付けるケースも少しずつ増えてきているようです。その理由としては、物件の借り手に多少問題がありそうなケースでも、賃貸借契約を結びやすくなることが考えられます。通常、賃貸借契約を結ぶときは、貸し手としては家賃の回収はもちろん、住宅を大切に使って欲しいという心理が働くものです。この点、家賃保証会社を活用し、その保証内容に退去時の費用が含まれているのであれば、安心して貸すことができるでしょう。また、連帯保証人の経済力が不安な場合でも、家賃保証を立てることで万一のケースに備えることができます。このように、貸し手側が家賃保証会社を活用するメリットは非常に多岐にわたり、賃貸借契約のトラブル回避に役に立つことから人気を集めています。加えて、家賃保証契約をした場合には、保証会社からマージンを受け取ることができるメリットもあり、これも人気の理由の1つになっています。