マンション

専門的な知識がなくても賃貸管理会社にお願いしよう

安心のサービスを受けよう

紳士

サブリースは投資として行っている人も多く、マンションなどの不動産経営を不動産会社に任せてしまうことです。その建物自体を不動産会社に貸すことになるため、空室保証などの利点が多いサービスを受けることができるようになっています。

Read More..

家賃回収を万全に

男性

賃貸借契約で利用される家賃保証制度は、連帯保証人が立てられないケースなどで借り手側からのニーズがあります。また、貸し手側には家賃の確実な回収や、退去費用の保証などのメリットがあります。また、連帯保証人がいるケースでも、保証契約を結ぶことでさらに万全な備えになるため、義務付けるケースが増えています。

Read More..

管理会社の選び方

つみき

不動産への資金投資をして賃貸物件の経営をする場合、物件の管理・運営をすることを賃貸管理といいます。この賃貸管理を直接自分自身で行うオーナーの方もいますが、大半の方は賃貸管理会社に、この管理業務を委託します。この賃貸管理は、建物の規模によっては、個人でも十分対応できるでしょう。しかし、建物の規模が大きい場合、または他に仕事をしているなどといった場合は、賃貸管理会社を利用することをおすすめします。賃貸物件は、入居者を募集し、建物の維持・点検、また清掃作業を行う人が必要になります。その他、入居者との契約、入金管理と言った事務手続きもあります。このような管理業務を賃貸管理会社は、すべて代わりに行ってくれます。管理会社は専門の知識を持ち、管理の経験も豊富で賃貸管理を円滑に行ってくれます。

賃貸管理を委託する管理委託業務契約は、一般管理契約と一括借上げ管理契約(サブリース契約)の2種類の契約形態があります。一般管理契約とは、マンション・アパートのオーナーが行う管理業務を、賃貸管理会社が代わりに行ってくれる契約です。入居者との賃貸契約や入金管理、建物の保守・整備、清掃作業などの業務などがそうです。一括借上げ管理契約とは、不動産会社が、オーナーが所有する不動産物件を借り、管理会社が入居者と賃貸契約を直接結ぶ契約のことです。こちらの契約の場合は、家賃保証がついているので空室や家賃の滞納があった場合でも、安定的に収入を得ることができます。また、直接契約を結んではいないので、入居者との対応も、オーナーがする必要がありません。

滞納時のリスクを下げる

つみき

アパートやマンションの経営で重要なのは家賃をきちんと回収することです。そのためには滞納家賃の回収が重要になりますが、素人の経営者が滞納家賃を回収するのは簡単ではないので、家賃債務保証を利用しましょう。

Read More..